研究者総覧詳細 WR4100R
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 平野 美紀(HIRANO, Miki)
職名 教授
所属 法学部 法学科
専門分野 刑事法学
E-mailアドレス hirano@jl.kagawa-u.ac.jp

■学歴
慶應義塾大学法学部法律学科(1987.04-1991.03)
慶應義塾大学大学院(前期博士課程)法学研究科(1991.04-1993.03)
慶應義塾大学大学院法学研究科(後期博士課程)法学研究科(1993.04-1997.03)
■職歴
国立精神・神経センター精神保健研究所研究員(1997-2004)
東京都精神医学総合研究所研究員(2004-2006)
慶應義塾大学非常勤講師(2003-2006)
香川大学法学部助教授(2006.04.01-2013.03.31)
オランダ・ライデン大学法学部訪問研究員(1994-1995)
香川大学法学部教授(2013.04.01-)
■学位
修士(法学)
■研究テーマ
終末期医療への刑事法的介入
触法精神障害者の法制度とその処遇
犯罪被害者への法的支援制度
■主な著書 >> 全件表示
生命倫理百科事典, 丸善, 2007.01
臨床に必要な法学ー福祉臨床シリーズ15 法学, 弘文堂, 2007.05
子どもの医療と生命倫理:資料で読む, 法政大学出版局, 2009.06
更生保護制度:社会福祉士シリーズ20司法福祉, 弘文堂, 2009.06
2010年版社会福祉士国家試験対策, 弘文堂, 2009.08
■主な論文 >> 全件表示
オランダにおける安楽死をめぐる諸問題, 法学政治学論究, 1996.09
犯罪被害者の権利:オランダ, 法律時報, 1999.09
医療における意思能力:生命の終結に関して, 『成年後見と意思能力:法学と医学のインターフェース』(日本評論社), 2002.07
触法精神障害者対策の現状と問題点—オランダ編, 現代刑事法, 2002.09
“Euthanasia trials in Japan: Implications for legal and medical practice”, International Journal of Law and Psychiatry, 2002.11
死の自己決定:自殺と安楽死, 精神保健研究, 2003.03
オランダにおける触法精神障害者対策の現状と課題, 『触法精神障害者の処遇』(信山社), 2005.06
制度利用のために必要な能力判定:諸外国の事例から, 老年精神医学雑誌, 2005.12
審判における精神鑑定, 『司法精神医学第2巻:刑事事件と精神鑑定』(中山書店), 2006.01
オランダにおける高齢者の医療行為に関する意思決定:生命終結に関して, 『成年後見と医療行為』(日本評論社), 2007.03
■所属学会
日本医事法学会, 日本刑法学会, 日本司法精神医学会, 日本生命倫理学会, 日蘭学会, 法と精神医療学会
 
前の画面に戻ります