研究者総覧詳細 WR4100R
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 松尾 達博(MATSUO, Tatsuhiro)
職名 教授
所属 農学部 応用生物科学科 生物資源利用学
専門分野 食品科学

■学歴
電気通信大学(1983.04-1987.03)
筑波大学(1991.04-1993.03)
■職歴
香川大学農学部(1999.04.01-)
■学位
博士(学術) (筑波大学 1999.1)
■研究テーマ
食餌と運動が生体内代謝に及ぼす影響
■主な著書 >> 全件表示
食品工業・新規糖質素材としての希少糖の生産と食品分野への利用の可能性, 光琳, 2005.09
機能性糖質素材の開発と食品への応用・希少糖D-プシコースの生産および食品素材としての可能性, シーエムシー出版, 2005.10
■主な論文 >> 全件表示
Effects of resistance exercise and high-protein snacks consisting of different proteins on muscle mass and protein synthesis in rats given glucocorticoid-injections, Hhealth Sciences, 2005
ラットにおけるD-プシコースの血糖値上昇抑制作用, 日本栄養・食糧学会誌, 2006
Effects of resistance exercise with pulse protein feeding pattern on muscle mass and protein content in rats given glucocorticoid-injections, Health Science, 2006
Effects of dietary D-psicose on diurnal variation in plasma glucose and insulin concentrations of rats, Biosci Biotechnol Biochem, 2006
緩下作用を指標とするD-プシコースのヒト最大無作用量の推定, 日本食品新素材研究会誌, 2007
α-リポ酸投与によるエネルギー産生促進効果, 2007
自発的レジスタンス運動と分岐鎖アミノ酸を豊富に含む高タンパク間食がグルココルチコイド投与ラットの骨に及ぼす影響, 香川大学農学部学術報告, 2007
 Dietary branched-chain amino acids can not prevent skeletal muscle atrophy in sedentary and trained rats injected with glucocorticoid, Asia J. Clin. Nutr., 2008
Interaction between -linolenic acid-enriched oil and ACE inhibitor concerning the decrease in blood pressure in SHR, J. Oleo. Sci., 2008
Acute D-psicose administration decreases the glycemic responses to an oral maltodextrin tolerance test in normal adults., J. Nutr. Sci. Vitaminol., 2008
 
前の画面に戻ります