研究者総覧詳細 WR4100R
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 藤村 和宏(FUJIMURA, Kazuhiro)
職名 教授
所属 経済学部 経営システム学科 組織と管理
専門分野 商学
電話番号(外線) 087-832-1869
FAX 087-832-1869
E-mailアドレス fujimura@ec.kagawa-u.ac.jp

■学歴
学習院大学経済学部経済(-1984.03)
神戸大学経営学研究科商学(-1990)
■職歴
花王株式会社 調査部および知識情報科研研究所社会工学研究室(1984.04.01-1988.03.31)
広島大学経済学部助手(1990.08.01-1993.03.31)
香川大学経済学部講師(1993.04.01-1995.05.31)
香川大学経済学部助教授(1995.06.01-2001.04.30)
香川大学経済学部教授(2001.05.01-)
■学位
博士(商学), 商学修士
■受賞等
16年度(第二回)助成研究論文 吉田秀雄賞 第1席(2004.11)
サービス学会 第4回国内大会  Best Paper Award(2017.03)
■研究テーマ
サービス・マーケティング
サービスの消費者行動
顧客満足
老舗サービス組織の成長戦略
サービス組織のグローバル戦略
伝統文化のマーケティング
地域伝統文化を活用した街の活性化
芸術のマーケティング
■共同・受託できる研究テーマ
便益遅延型サービスの顧客満足とマーケティングに関する研究, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 医療サービス、教育サービスなどの便益の享受に遅延性が生じるサービスの研究
サービス・マーケティング, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 受託研究; 共同研究
老舗のマーケティング戦略, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 受託研究; 共同研究
顧客満足, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 受託研究; 共同研究
価値創造による観光戦略, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 地域資源の発掘と創造的編集による価値創造を考えるとともに、“イロケ”“アジケ”“ヒトケ”の観点から観光価値を考えたい。
文化のマーケティング, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 受託研究; 共同研究
医療サービスにおける患者満足の構造に関する研究, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 共同研究
■主な著書 >> 全件表示
『医療サービスと顧客満足』, 医療文化社, 2009.04
『サービス企業の生産性向上のために』, 社会経済生産性本部, 1994.06
『サービス企業における生産性・顧客満足・職務満足』, 社会経済生産性本部, 1995.06
『サービスの品質と生産性』, 社会経済生産性本部, 1996.12
『マーケティング革新の時代4 営業・流通革新』, 有斐閣, 1998.11
■主な論文 >> 全件表示
サービスの消費行動における知覚リスクの役割, 六甲台論集, 1990.04
サービスの特質とサービス・マーケティング理論の必要性, 広島大学経済論叢, 1991.03
サービス消費に伴う知覚リスクの情報探索活動に対する影響-貸衣裳店利用におけるリスク知覚と情報探索活動を中心として-, 広島大学年報経済学, 1991.10
顧客満足戦略における消費者満足概念, 広島大学 経済論叢, 1992.11
サービス企業における顧客の満足構造とマーケティング戦略, 企業経営戦略と国際化, 1993.06
世界におけるリサーチ業界の概要, マーケティング・リサーチャー, 1993.06
顧客サービス・/デリバリー・プロセスへの参加と品質評価-医療サービスにおける外来及び入院患者の評価を中心として, 香川大学 経済論叢, 1995.06
専門サービスの消費者行動, 消費者行動研究, 1995.09
サービスの広告に期待される役割, 香川大学経済論叢, 1995.11
カシオのデジタルカメラ「QV-10」のヒットは消費者変化の現れか, 消費, 1996.04
■所属学会
日本商業学会, 日本消費者行動研究学会, 日本マーケティング学会, サービス学会
 
前の画面に戻ります