研究者総覧詳細 WR4100R
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 秋光 和也(AKIMITSU, Kazuya)
職名 教授
所属 農学部 応用生物科学科 生物資源利用学
専門分野 植物病理学
電話番号(外線) 087-891-3131
E-mailアドレス kazuya@ag.kagawa-u.ac.jp
ホームページURL http://www.ag.kagawa-u.ac.jp/plantpathology/index.html

■学歴
ミシガン州立大学大学院自然科学研究科植物病理学(-1992.06)
■職歴
ミシガン州立大学大学院博士課程修了(1992.6)Ph.D. Reseach Assistant(1988.09.01-1992.06.30)
米国エネルギー省/ミシガン州立大共同植物研究所(1992.7-1994.8)(1993.4-1994.3 は日本学術振興会特別研究員)ポストドク研究員(1992.07.01-1994.08.31)
香川大学農学部助教授 (1995.9-2005.10)(1995.09.01-2005.10.31)
JST 戦略的創造研究推進事業さきがけ21研究員(併任)(2002.11-2006.03.31)
香川大学農学部教授(2005.11.01-)
■学位
Ph.D. (植物学および植物病理学/ミシガン州立大学 1992.6)
■受賞等
日本植物病理学会 学会賞(2009.03)
JGPP論文賞(日本植物病理学会)(2004.3)(2004.03)
■研究テーマ
植物・病原菌間の相互反応に関する遺伝子の解明とその制御
植物感染における特異性に関する研究
Study of the mechanisms of the specificity on plant-microbe interactions
カンキツ病原菌の感染分子機構に関する研究
Molecular study on the infection mechanism of citrus pathogens
宿主特異的毒素生合成遺伝子群の単離と解析
Cloning and characterization of gene cluster responsible for the biosynthesis of Host-selective toxin
植物ミトコンドリア病における特異性決定機構
カンキツ抵抗性に関する研究
カンキツ揮発生物質の植物抵抗性における役割
希少糖の植物に対する作用
■主な著書 >> 全件表示
Biology of Molecular Plant-Microbe Interactions, Volume 4, International Society of Molecular Plant-Microbe Interactions, 2004.05
植物病の探求, 「植物病の探求」出版会(三重大学), 2004.09
Role of mitochondria gene in controlling specificty in plant disease, In Genomic and Genetic Analysis of Plant Parasitism and Defense, APS Press, 2005.01
植物感染における病原性の獲得と宿主の感受化-HST生成菌Cochliobolusを中心として-, 日本植物病理学会 植物感染機構の進化を考える, 1997
Alternaria brown spot病菌に対する宿主植物感受化の分子機構, 日本植物病理学会 植物と微生物相互作用の夜明け, 2000
■主な論文 >> 全件表示
An isolate of Alternaria alternata that is pathogenic to both tangerines and rough lemon and produces two host-selective toxins, ACT- and ACR-toxins., Phytopathology, 2005
Dissection of the host range of the fungal plant pathogen Alternaria alternata by modification of the secondary metabolism., Mol. Microbiol., 2004
Epoxide Hydrolase: A mRNA Induced by a Fungal Pathogen Alternaria alternata on Rough Lemon (Citrus jambhiri Lush)., Plant Mol Biol, 2003
Sensitivity to Alternaria alternata Toxin in Citrus Because of Altered Mitochondrial RNA Processing., Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 2002
Endopolygalacturonase Is Essential for Citrus Black Rot Caused by Alternaria citri But Not Brown Spot Caused by Alternaria alternata., Mol. Plant Microbe Interact., 2001
A role of host-selective toxin for controlling citrus defense systems against Alternaria pathogens., Botanica, 2004
Sugars and pH: A clue to the regulation of fungal cell wall-degrading enzymes in plants., Physiological and Molecular Plant Pathology, 2004
Covalent binding sites of victorin in oat leaf tissues detected by anti-victorin polyclonal antibodies, Plant Physiology, 1992
Density gradient study of victorin-binding proteins in oat (Avena Sativo) cells., Plant Physiology, 1993
Immunological evidence for cell surface receptor of victorin using anti-victorin anti-idiotypic polyclonal antibodies, Molecular Plant-Microbe Interactions, 1993
■主な知的財産権 >> 全件表示
モノテルペンを含む細菌性物質分泌阻害剤,及び該阻害剤を用いる保存処理方法, 公開, 2004−133197
希少糖による植物生長調節剤, 公開, 2005-151635, 2006-188482
希少糖による植物病害抵抗性増幅剤, 公開, 2003-95826, 2004-300079
植物または微生物への希少糖の使用, 公開, 2005-151636, 2006-8669
植物または微生物への希少糖の使用, 出願, PCT/JP2005/009474
■所属学会
日本植物病理学会,  アメリカ植物病理学会, 分子植物微生物相互反応国際学会, アメリカ植物生理学会, 国際希少糖学会
 
前の画面に戻ります