研究者総覧詳細 WR4100R
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 奥田 延幸(OKUDA, Nobuyuki)
職名 教授
所属 農学部 応用生物科学科 生物資源生産学
専門分野 蔬菜園芸学

■学歴
香川大学農学部園芸学科(1985.04-1989.03)
香川大学大学院農学研究科園芸学専攻(1989.04-1991.03)
■職歴
香川県農林水産部技術吏員(1991.04.01-1993.02.28)
香川大学農学部助手(1993.03.01-2000.02.29)
愛媛大学大学院連合農学研究科助手(併任)(1993.04.01-2000.02.29)
香川大学助教授(2000.03.01-2007.03.31)
愛媛大学大学院連合農学研究科助教授(併任)(2000.10.01-2007.03.31)
香川大学准教授(2007.04.01-2008.03.31)
愛媛大学大学院連合農学研究科准教授(併任)(2007.04.01-2008.03.31)
香川大学教授(2008.04.01-)
愛媛大学大学院連合農学研究科教授(併任)(2008.04.01-)
■学位
博士(農学), 農学修士
■受賞等
日本熱帯農業学会奨励賞(2008.03)
日本生物環境工学会50周年記念貢献賞(2012.09)
日本生物環境工学会四国支部貢献賞(2012.11)
日本生物環境工学会貢献賞(2014.09)
■研究テーマ
蔬菜の発育制御に関する研究
■主な著書 >> 全件表示
太陽光植物工場の新展開, 養賢堂, 2012.04
園芸学(共著), 文永堂出版, 2009.04
野菜園芸学(共著), 文永堂, 2007.09
野菜の発育と栽培ー育ちの生理を総合的にとらえるー(共著), 農山漁村文化協会, 2006.03
農業技術体系 野菜編 第11巻・サイシン(共著), 農山漁村文化協会, 2005.11
■主な論文 >> 全件表示
水耕ミニトマトの生育に及ぼす循環時間の影響, 香川大学学術報告, 1991
水耕ミニトマトの生育に及ぼす養液水位の影響, 香川大学農学部学術報告, 1991
Correlation between Environment Factors and Number of Days from Nursery Stage to Dormancy in Strawberry. "jointly worked", Acta Horticulturae, 1992
数種冷涼季蔬菜の根の生育に及ぼす液温の影響, 生物環境調節, 1992
イチゴのNFT栽培におけるチャンネル液温の変化、(共著), 植物工場学会誌, 1993
ニンニクのin vitro 培養でのシュート並びに小球形成, 植物組織培養, 1993
Effects  of  plastic film or cheesecloth  covering on  flower  bud  initiation  and dormancy  in  strawberry, Acta Horticulturae, 1993
Method for the Prediction of Budding and Harvest Time of Broccoli Under Field Condition., Acta Horticulturae, 1994
Effects  of  day-length  on  growth, budding  and branching  of  garland  chrysanthemum (Chrysanthemum coronarium  L.), Tech. Bull. Fac. Agr. Kagawa Univ., 1995
Effects of plant growth  regulators  on  budding  of  garland  chrysanthemum (Chrysanthemum  coronarium L.), Tech. Bull. Fac. Agr. Kagawa Univ., 1995
■所属学会
園芸学会, 日本生物環境工学会, 日本熱帯農業学会, 農業生産技術管理学会, 国際園芸学会, 日本宇宙生物科学会, 根研究会, 植物鉄栄養研究会
 
前の画面に戻ります