研究者総覧詳細 WR4100R
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 豊田 正範(TOYOTA, Masanori)
職名 教授
所属 農学部 応用生物科学科 生物資源生産学
専門分野 作物学
電話番号(外線) 087-891-3058
FAX 087-891-3058
E-mailアドレス toyota@ag.kagawa-u.ac.jp

■学歴
鳥取大学農学研究科農学(-1992)
■職歴
香川大学農学部助手(1996.04-2004.12.31)
■学位
博士(農学)
■受賞等
日本作物学会論文賞(2008.03)
■研究テーマ
作物の収量形成に関する生態生理学的・発育形態学的研究
■主な著書 >> 全件表示
作物学, 文永堂出版, 2013.11
作物栽培大系3 麦類の栽培と利用, 朝倉書店, 2011.09
根のデザイン―根が作る食糧と環境―, 養賢堂, 2003.11
■主な論文 >> 全件表示
Initiation and development of spikelets and florets in wheat as influenced by shading and nitrogen supply at the spikelet phase, Plant Production Science, 2001.12
Effects of shading on dry matter production, yield and nitrate reductase activity of potato under two levels of spacing, Environment Control in Biology, 2002
温暖地におけるコムギ主茎の葉,小穂および小花の分化数成立過程のモデル解析.日本作物学会紀事,72,450―460,(2003)., 日本作物学会紀事, 2003.12
播種期によるコムギ主茎の葉,小穂および小花の分化数成立過程の変異, 日本作物学会紀事, 2004.03
水稲品種オオチカラ由来の短根性準同質遺伝子系統IL-srt1の根系形態と地上部地下部関係, 根の研究, 2005.12
水稲における登熟性の品種間差に関する研究 -登熟に及ぼす穂首節間維管束面積と炭水化物転流量の影響-, 日本作物学会紀事, 2007.04
水耕栽培で塩ストレスを与えた水稲品種の耐塩性と根系形態, 日本作物学会紀事, 2008.07
Molecular cloning of a root hairless gene rth1 in rice, Breeding Science, 2009.03
Effects of Reduction in Plant Height Induced by Chlormequat on Radiation Interception and Radiation-Use Efficiency in Wheat in Southwest Japan, Plant Production Science, 2010.01
Tillering Responses to High Red: Far-red Ratio of Four Japanese Wheat Cultivars, Plant Production Science, 2014.04
 
前の画面に戻ります