研究者総覧詳細 WR4100R
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 諸隈 正裕(MOROKUMA, Masahiro)
職名 准教授
所属 農学部 附属農場
専門分野 作物学
電話番号(外線) 0879-52-2763
FAX 0879-52-6004
E-mailアドレス morokuma@ag.kagawa-u.ac.jp
ホームページURL http://www.ag.kagawa-u.ac.jp/noujo/

■学歴
九州大学農学部農学科(1982.04-1986.03)
九州大学農学研究科
■職歴
九州大学農学部卒業(1987.3) 九州大学大学院農学研究科修士課程修了・博士課程退学(1993.3) 科学技術庁特別研究員(農水省・農業環境技術研究所,1993.4~1995.6)(1995.07.01-)
■学位
博士(農学)(九州大学 1994.11)
■研究テーマ
作物の生理生態と環境要因との関係に関する研究
■主な論文 >> 全件表示
CO2濃度上昇と温暖化が水稲の生育及び収量に及ぼす影響, 日本作物学会紀事, 1996.06
開花期高温処理が日本型水稲の花粉発芽に及ぼす影響, 香川大学農学部学術報告, 2000.03
Characterization of carbon assimilation rate, stomatal conductance and transpiration rate for eight Proteaceae species, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 2000.09
開花時における高温・高湿処理が日本型水稲の稔実に及ぼす影響, 日本作物学会紀事, 2005.03
中国天津産水稲の食味に関する研究-品種間差異-, 日本作物学会紀事, 2000.09
香川県における酒米の栽培および育種に関する基礎研究-雑種初期世代からの葉色に対する選抜が後代のタンパク質含有率やその他の酒米特性に及ぼす影響-, 日本作物学会紀事, 2001.12
Effect of rare sugars on seed germination, Rare Sugar, 2005
水稲における収量及び食味特性の日中品種間比較, 日本作物学会四国支部会報, 2006.12
水稲における日中品種間交雑による後代系統の収量及び食味特性, 日本作物学会四国支部会報, 2006.12
The use of desalinated-dried jellyfish and rice bran for controlling weeds and rice yield, Journal of Organic Systems, 2013
■所属学会
日本作物学会,日本農業気象学会,日本生物環境調節学会
 
前の画面に戻ります