研究者総覧詳細 WR4100R
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 馮 旗(FENG, Qi)
職名 教授
所属 創造工学部 材料創造工学科 材料プロセス工学
専門分野 機能材料・デバイス, 無機工業材料, 環境技術・環境材料, 無機材料・物性
電話番号(外線) 087-864-2402
FAX 087-864-2438
ホームページURL http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/ams/data/feng.pdf

■学歴
広西大学(中国)理学部化学科(1978.02-1982.01)
九州大学理学研究科化学専攻(1985.04-1987.03)
九州大学理学研究科化学専攻(1997.04-1990.09)
■職歴
広西大学化学系(中国)助教(1982.02.01-1984.03.31)
通産省工業技術院四国工業技術研究所博士研究員(1990.10.01-1993.03.31)
通産省工業技術院四国工業技術研究所研究員研究員(1993.04.01-1994.12.31)
高知大学理学部助手(1995.01.01-2000.03.31)
高知大学理学部助教授(2000.04.01-2001.03.31)
香川大学工学部助教授(2001.04.01-2006.03.31)
香川大学工学部教授(2006.04.01-)
■学位
理学博士
■受賞等
日本イオン交換学会 学術賞(2009.10)
源内大賞(2004)
日本イオン交換学会 奨励賞(2002)
■研究テーマ
色素増感型太陽電池、ペロブスカイト太陽電池
配向性鉛フリー圧電セラミックス材料
機能性金属酸化物ナノ材料
イオンふるい型吸着剤
水熱ソフト化学反応
■共同・受託できる研究テーマ
色素増感太陽電池の開発, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 技術相談; 受託研究; 共同研究; その他
鉛フリー圧電材料の開発, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 技術相談; 受託研究; 共同研究
機能性セラミックス材料の合成, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 技術相談; 受託研究; 共同研究
電池材料の開発, 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する, 技術相談; 受託研究; 共同研究
強誘電性半導体ペロブスカイト太陽電池の開発, 大学等の研究機関との共同研究を希望する, 技術相談; 受託研究; 共同研究
■主な著書 >> 全件表示
トコトンやさしいイオン交換の本, 日刊工業新聞社, 2013.06
Inorganic and Metallic Nanotubular Materials, Springer Publishing Company, 2009.09
図解 最先端イオン交換技術のすべて, 工業調査会, 2009.04
Materials Syntheses, A Practical Guide,, Springer Wien New York, 2008.06
ナノチューブ状物質の最新技術と応用展開, フロンティア出版, 2008.04
■主な論文 >> 全件表示
Visible light photocatalytic property and mechanism of peroxy bond incorporated layered H4Nb6O17 niobate, Journal of Alloys and Compounds, Vol. 746, pp. 68-76 (2018). (DOI: 10.1016/j.jallcom.2018.02.164), 2018.04
Facile Synthesis of {101}, {010} and [111]-Faceted Anatase-TiO2 Nanocrystals Derived from Porous Metatitanic Acid H2TiO3 for Enhanced Photocatalytic Performance, ChemistrySelect, Vol. 3, pp. 2876–2876 (2018). (DOI: 10.1002/slct.201800018), 2018.04
Structural and morphological evolutions for octahedral KNbO3 mesocrystal by self-assembly-topotactic conversion process, CrystEngComm, Vol. 20, pp 728–737 (2018). DOI: 10.1039/C7CE02094E, 2018.02
Striking Effects of a Titania Support on the Low-Temperature Activities of Ir Catalysts for the Dehydrogenative Synthesis of Benzimidazole and Indole, Catalysis Today, Vol. 303, pp 235–240 (2018). (DOI: 10.1016/j.cattod.2017.08.014), 2018.01
Facile Size-controllable Synthesis Process, Bandgap Blue Shift, Enhanced Photocatalytic Performances of [111]-Faceted Anatase TiO2 Nanocrystals, New Journal of Chemistry, Vol. 41, pp 10998-11008 (2017). (DOI: 10.1039/C7NJ02143G), 2017.10
Soft chemical synthesis and visible light photocatalytic performance of Ag@AgCl/H 1.07 Ti 1.73 O 4 platelike composite with composition controlling, Journal of Alloys and Compounds, Vol. 727, pp. 311-317 (2017). (DOI: 10.1016/j.jallcom.2017.08.143), 2017.09
Topological relations and piezoelectric responses of crystal-axis-oriented BaTiO3/CaTiO3 nanocomposites, RSC Advances, Vol. 7, pp 30807–30814 (2017). (DOI: 10.1039/c7ra03828c), 2017.06
Hydrothermal synthesis and formation mechanism of the anatase nanocrystals with co-exposed high-energy {001}, {010} and [111]-facets for enhanced photocatalytic performance, RSC Advances, Vol. 7, pp 24616–24627 (2017),  (DOI: 10.1039/c7ra03707d), 2017.05
Single-crystalline anatase TiO2 nanoleaf: Simple topochemical synthesis and light-scattering effect for dye-sensitized solar cells, Materials Letters, Vol. 196, pp. 50–53 (2017), 2017.04
Removal of trace arsenic to below drinking water standards using a Mn–Fe binary oxide, RSC Advances, Vol. 7, pp 1490-1497. DOI: 10.1039/C6RA26806D, 2017.01
■主な知的財産権 >> 全件表示
ストロンチウムイオン吸着剤とその製造法, 出願, PCT/JP2016/87009
酸化物ナノシート及びその製造方法, 出願, 特願2016-211804
ストロンチウムイオン吸着剤とその製造法, 出願, 特願2015-225614/PCT/JP2016/80081
ナノ複合酸化物及びその製造方法, 出願, 特願2015-033642
ニオブ酸系強誘電体の配向性薄膜とその作製方法, 出願, 特願2013-207481
■所属学会
日本化学会, 日本セラミックス協会, 日本イオン交換学会, ソフト溶液プロセス研究会, 電気化学会, 日本原子力学会
 
前の画面に戻ります