研究者総覧詳細 WR4100R
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 山田 俊介(YAMADA, Shunsuke)
職名 教授
所属 教育学部 発達臨床
専門分野 臨床心理学

■学歴
広島大学教育学部心理学科(1977.04-1981.03)
広島大学教育学研究科教育心理学専攻(1981.04-1983.03)
広島大学教育学研究科教育心理学専攻(1984.04-1988.09)
■職歴
香川大学教育学部助教授(2005.04.01-2007.03.31)
香川大学教育学部准教授(2007.04.01-2009.03.31)
香川大学教育学部教授(2009.04.01-)
■学位
文学修士
■研究テーマ
不登校の臨床心理学的理解と援助に関する研究
カウンセリングの教育に関する研究
■主な著書 >> 全件表示
臨床心理学の理論と実践, ミネルヴァ書房, 1990.06
子どもの臨床心理, 北大路書房, 1994.08
アイデンティティ研究の展望Ⅳ, ナカニシヤ出版, 1997.07
新版 心理臨床家の手引, 誠信書房, 2000.12
保育と教育に生かす臨床心理学, ミネルヴァ書房, 2003.04
■主な論文 >> 全件表示
大学生の自己確立過程に関する研究-入学後2年間の体験を中心として-, 広島大学大学院教育学研究科修士論文, 1983.01
大学生にとってのエンカウンター・グループ-「昭和57年度人間関係と自己理解のためのグループ合宿」からー, PHOENIX-HEALTH:広島大学保健管理センター年報, 1983.12
大学入学の持つ心理的影響に関する臨床的研究-入学後、半年間の追跡調査から-, 広島大学大学院教育学研究科博士課程論文集, 1984.10
チックの見られる中学生男子の症例, 広島大学教育学部心理教育相談室紀要, 1984.11
強迫的な女子中学生を持つ母親との面接-傷つきやすく、不安を抱きやすい母親への支持的な関わり-, 広島大学教育学部心理教育相談室紀要, 1986.12
“もうひとつの学びの場”を訪ねて, 広島心理療法研究, 1987.05
登校拒否の男子中学生を持つ母親との面接-子供への関わりを“重荷”と感じてしまう一人親家庭の母親の事例-, 心理教育相談研究:広島大学教育学部心理教育相談室紀要, 1987.12
大学生にとってのエンカウンター・グループ経験:EGにひかれていった私の経験から, ENCOUNTER (人間関係研究会機関紙), 1990.01
UPIから見た女子大学新入生の精神的健康, 人間心理:松山東雲女子大学人間心理学科年報, 2000.10
適応指導教室における不登校への初期の援助に関する一考察, 松山東雲女子大学人文学部紀要, 2001.03
■所属学会
日本心理臨床学会, 日本人間性心理学会, 日本臨床心理士会, 日本教育心理学会, 日本心理学会, 日本人間性心理学会
 
前の画面に戻ります