研究者総覧詳細 WR4100R
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 安井 行雄(YASUI, Yukio)
職名 准教授
所属 農学部 応用生物科学科 生物資源生産学
専門分野 昆虫学, 行動生態学, 進化生物学, 動物生態学
電話番号(外線) 087-891-3147
FAX 087-891-3021
E-mailアドレス yyasui@ag.kagawa-u.ac.jp

■学歴
京都府立大学農学部農学科(1983.04-1987.03)
京都府立大学農学研究科農学(1987.04-1989.03)
北海道大学農学研究科農業生物学(1989.04-1993.03)
■職歴
日本学術振興会特別研究員(1993.04.01-1996.03.31)
北海道東海大学国際文化学部非常勤講師(1993.09.01-1997.08.31)
札幌大学法学部非常勤講師(1996.09.01-1997.03.31)
京都大学生態学研究センターCOE特別研究員(1997.09.01-1998.12.31)
科学技術振興事業団科学技術特別研究員(受け入れ研究機関:環境庁国立環境研究所)(1999.01.01-2000.03.31)
香川大学農学部准教授(2000.04.01-)
西オーストラリア大学進化生物学研究センター客員研究員(2010.03.17-2011.01.05)
■学位
博士(農学), 農学修士, 農学士
■受賞等
日本生態学会宮地賞(2000.03)
■研究テーマ
動物における性選択・配偶行動の進化
農業生態系における人為的環境変動に対する生物の進化的応答
雌の多回交尾の進化
精子競争と配偶システムの進化
■共同・受託できる研究テーマ
メスの多数回交尾の進化, 大学等の研究機関との共同研究を希望する, 共同研究
■主な著書 >> 全件表示
日本動物大百科 8 昆虫I, 平凡社, 1996.09
ダニの生物学, 東京大学出版会, 2001.11
生態学事典, 共立出版, 2003.06
生物学辞典, 東京化学同人, 2010.12
行動生物学辞典, 東京化学同人, 2013.10
■主な論文 >> 全件表示
Bet-hedging against male-caused reproductive failures may explain ubiquitous cuckoldry in female birds, Journal of Theoretical Biology, 2018.01
Bet-hedging as a mechanism for the evolution of polyandry, revisited, Evolution, 2016.02
Risk-spreading by mating multiply is plausible and requires empirical attention, Proceedings of the Royal Society of London Series B. Biological Sciences, 2015.06
Mating portfolios: bet-hedging, sexual selection and female multiple mating, Proceedings of the Royal Society of London Series B. Biological Sciences, 2015.01
A message from the new chief editor, Journal of Ethology, 2011.01
Direct effects of polyandry on female fitness in Callosobruchus chinensis, Animal Behaviour, 2006
Female multiple mating as a genetic bet-hedging strategy when mate choice criteria are unreliable, Ecological Research, 2001
The "genetic benefits" of female multiple mating reconsidered, Trends in Ecology and Evolution, 1998.06
A "good-sperm" model can explain the evolution of costly multiple mating by females, The American Naturalist, 1997.03
Sperm competition and the significance of female multiple mating in the predatory mite, Parasitus fimetorum, Experimental and Applied Acarology, 1997
■所属学会
日本動物行動学会, 日本生態学会, 日本応用動物昆虫学会
 
前の画面に戻ります