研究者総覧詳細 WR4100
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 板谷 和彦(ITAYA, Kazuhiko)
職名 教授
所属 大学院地域マネジメント研究科
専門分野 経営学
電話番号(外線) 087-832-1864
FAX 087-832-1864

■学歴
東京大学理学系大学院相関理化学専攻(1984.04-1986.03)
東京大学総合文化研究科総合文化研究科広域科学(2005.04-2010.03)
■職歴
(株)東芝 研究開発センター 研究員、研究主務、主任研究員、研究主幹(1986.04-2012.09)
カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員(1993.09-1995.03)
東京工業大学大学院総合理工学研究科非常勤講師(2000.10-2002.03)
東芝ビジネス&ライフサービス(株)テクニカルサービス部部長(2012.10-2017.03)
国立大学法人東京農工大学 工学府産業技術専攻教授(2013.06-2017.03)
国立大学法人香川大学大学院地域マネジメント研究科教授(2017-)(2017.04-)
■学位
博士(学術), 博士(工学), 理学修士
■受賞等
Brad W. Hosler Outstanding Student Paper Award Nominating Professor(2017.07)
■研究テーマ
ナレッジワーカー(知識労働者)の創造活動の理論的解明
創造性を促進するマネジメントシステムの提案に関する研究
■主な著書 >> 全件表示
技術経営の実践的研究 イノベーション実現への突破口, 東京大学出版会, 2013.01
■主な論文 >> 全件表示
Exploring Effective Factors for the Generation of Innovative Ideas and Technologies in Functional Food R&D, to be published in PICMET(Portland International Center for Management and Engineering of Technology), 2017
技術経営教育における実践的演習の取組み, 東京農工大学 大学教育ジャーナル, 2015
Management and Leadership Approaches for Improving the Creativity of Knowledge Workers in Service Sectors, PICMET(Portland International Center for Management and Engineering of Technology), 2014
サービス分野に従事するナレッジワーカーの創造的パフォーマンスに与える組織行動的要因に関する調査研究, 経営行動科学学会年次大会予稿集(査読付き), 2014
The moment of serendipity in technology companies: study by participant observation, International J. of Environment and Sustainable Development, 2013
技術系企業における発見の支援を目的としたマネジメントに関する定性的研究, 経営行動科学, 2011
Trial Implementation of a Highly Autonomou Small- Team-Type R&D Management Model in a Japanese Electronics Company, International J. of Technology Management, 2011
発見型研究における発見志向の研究行動を促すマネジメントに関する定性的研究, 研究 技術 計画, 2011
Serendipity Management Model for Technology Companies, PICMET(Portland International Center for Management and Engineering of Technology), 2011
Extended Implementation of a Highly Autonomous R&D Management Model in a Japanese Electronics Company, PICMET(Portland International Center for Management and Engineering of Technology), 2009
■所属学会
PICMET (Portland International Center for Management and Engineering of Technology), 日本応用物理学会, 経営行動科学学会, 研究・イノベーション学会
 
前の画面に戻ります