研究者総覧詳細 WR4100
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 豊田 鮎(TOYOTA, Ayu)
職名 助教
所属 農学部 環境生態機能学領域
専門分野 生態・環境

■学歴
横浜国立大学
島根大学
■職歴
財団法人 自然環境研究センター(2004.04.01-)
■学位
博士(環境学)
■研究テーマ
土壌炭素貯留を制御する土壌動物の機能
気候変動・土地改変に伴う土壌動物多様性の変化
森林生態系の落葉分解速度と土壌動物の資源利用様式との関係
■主な著書 >> 全件表示
Forest Ecosystems- More Than Just Trees,Edited by Juan A. Blanco and Yueh-Hsin Lo,“Plant productivity is temporally enhanced by soil fauna depending on the life stage and abundance of animals”, InTeck, 2012.02
土壌動物学への招待-採集からデータ解析まで,日本土壌動物学会編,“キシャヤスデの生態研究: 周期発生の影響の検出”, 東海大学出版会, 2007.05
ベーシックマスター生態学,南佳典・沖津進編,“森林の土壌動物”, オーム社, 2007.02
■主な論文 >> 全件表示
Soil fauna increase nitrogen loss in tilled soil with legume but reduce nitrogen loss in non-tilled soil without legume, Soil Biology and Biochemistry, 2013
Effect of vegetation switch on soil chemical properties, Soil Science and Plant Nutrition, 2012
Faunal stage-dependent altering of soil nitrogen availability in a temperate forest, Pedobiologia, 2012
Effects of vegetation switch and subsequent change in soil invertebrate composition of soil carbon accumulation patterns, revealed by radiocarbon concentrations, Radiocarbon, 2010
Soil ecosystem engineering by the train millipede Parafontaria laminata in a Japanese larch forest, Soil Biology and Biochemistry, 2006
Exploitation of litter and soil by train millipede Parafontaria laminata (Diplopoda: Xystodesmidae) in larch plantation forests in Japan, Pedobiologia, 2004
土壌生態系研究におけるマイクロコズム手法, Edaphologia, 2005
異なる2つの林分におけるキシャヤスデ幼虫の生息密度と土壌微生物量との関係, Edaphologia, 2004
キシャヤスデ八ヶ岳~霧ヶ峰集団の2000年の分布及び群遊状況について(速報), Edaphologia, 2001
■所属学会
日本生態学会, 日本土壌動物学会, 日本森林学会, 日本土壌肥料学会
 
前の画面に戻ります