研究者総覧詳細 WR4100
  
前の画面に戻ります
■基本情報
氏名 東江 栄(AGARIE, Sakae)
職名 教授
所属 農学部 応用生物科学科 生物資源生産学
専門分野 作物学・雑草学
電話番号(外線) 087-891-3062
E-mailアドレス agarie@ag.kagawa-u.ac.jp

■学歴
九州大学農学研究科(1991.04-1994.03)
■職歴
日本学術振興会特別研究員(1994.04-1997.02)
生物系特定産業技術研究推進機構研究員(1997.03-1998.02)
佐賀大学農学部助教授(1998.03-2007.03)
佐賀大学大学院農学研究科助教授(2002.10-2007.03)
鹿児島大学大学院連合農学研究科助教授(2004.04-2007.03)
佐賀大学農学部准教授(2007.04-2010.03)
佐賀大学大学院農学研究科准教授(2007.04-2010.03)
鹿児島大学大学院連合農学研究科准教授(2007.04-2010.03)
香川大学農学部准教授(2010.04-)
■学位
博士(農学)
■受賞等
日本作物学会研究奨励賞(2000.04)
■研究テーマ
塩生植物の耐塩性機構
重金属汚染土壌のファイトレメディエーション
環境変動に伴う光合成変換機構
塩嚢細胞形成の分子機構
CAM型光合成の制御及びその生理的意義
イネ紋枯病抵抗性の分子機構
野生資源植物の機能性評価と農業的利用
塩生植物の好塩性機構
■主な論文 >> 全件表示
Function of silica bodies in the epidermal system of rice (Oryza  sativa L.): testing the window hypothesis, Journal of Experimental Botany, 1996
Expression of C3 and C4 photosynthetic characteristics in the amphibious plant Eleocharis vivipara: structure and analysis of the expression of isogenes for pyruvate, orthophosphate dikinase, 1997
High-level expression of maize phosphoenolpyruvate carboxylase in transgenic rice plants, Nature Biotechnology, 1999
Overexpression of C4 PEPC caused O2-insensitive photosynthesis in  transgenic rice plans, Plant Science, 2002
Crassulacean acid metabolism may alleviate production of reactive  oxygen species in a facultative CAM plant, the common ice plant  Mesembryanthemum crystallinum L.
Physiological Roles of Betacyanin in a Halophyte, Suaeda japonica Makino
■主な知的財産権 >> 全件表示
バラフ, 登録, 5058041
クリスタルリーフ, 登録, 5063811
Barafu, 登録, 5058042
形質転換アイスプラントの作出方法, 公開, WO/2006/112034
アイスプラントの生育を促進しNa/K含量比を増加させる栽培法, 出願, 2008-104632
■所属学会
園芸学会,光合成学会,日本土壌肥料学会,日本熱帯農業学会,日本作物学会,日本植物細胞分子生物,日本植物生理学会
 
前の画面に戻ります