論文一覧 WR0300S
  
検索します 検索条件をリセットします
  検索結果  14件中  1-14件:                 
論文名 掲載誌名 発行年月
(1) 「マハトマ・ガンディーの社会経済思想―受託者制度理論を中心として―」京都大学経済学会 『経済論叢』 第154巻 第1号, 1994年7月 1994.07
(2) 「児童労働に関する経済学的議論の検討―タイのケースを参照の手がかりとして―」 京都大学経済学会 『経済論叢』 第159巻 第3号,1997年3月 1997.03
「東北タイにおける児童労働供給(1)―シーサケート県クカン郡での現地調査を中心として] 『経済論叢』 1997.04
「東北タイにおける児童労働供給(2)―シーサケート県クカン郡での現地調査を中心として―」 京都大学経済学会 『経済論叢』 1997.07
The Socioeconomic Thoughts of Mahatma Gandhi: As an Origin of Alternative Development Review of Social Economy 2001.09
開発と平和の経済学:エルンスト・F. シューマッハーの思想を中心として 平和研究 2001.11
ガンディー死後の「ガンディー主義」:独立インドにおける「民主主義」の不可欠の構成要素として 香川大学法学部創設20周年記念論文集 2003.07
An Economics for Development and Peace: With a Particular Focus on the Thoughts of Ernst F. Schumacher Forum for Social Economics 2003.09
グローバル化時代におけるガンディー思想の意義―アマルティア・K. センによる批判を超えて― 香川法学 2007.03
モハンダース・K. ガンディーの宗教観と基本的諸信条―マックス・ヴェーバーの「現世逃避型瞑想」と「現世内的禁欲」の概念に照らして― 香川法学 2008.03
ガンディー研究の批判的考察―ガンディーによる近代批判の理解をめぐって― 香川法学 2010.03
Gandhism in the Age of Globalization: Beyond Amartya K. Sen's Criticism Gandhi Marg 2010.04
書評・石坂晋哉『現代インドの環境思想と環境運動―ガーンディー主義と〈つながりの政治〉―』 『南アジア研究』 2012.12
ガンディー思想の現代的意義―コンヴィヴィアリティを軸として― 社会科学ジャーナル 2014.09